中華料理の中でも高級料理として有名な北京ダックは、日本と中国とでは食べ方が少し違いますので紹介します。

素敵な店で素敵なディナーを!
素敵な店で素敵なディナーを!

中華料理の代表選手、北京ダックの日中の食べ方について

中華料理の代表選手、北京ダックの日中の食べ方について代表的な中華料理の1つに北京ダックがあります。北京ダックはその名の通り、北京の名物料理として有名で、現地ではとても有名な老舗北京ダックのお店がいくつかあり、平日でも予約をしないと席に座れないほど大盛況です。日本で食べる北京ダックは日本人の味覚に合わせて少し脂っぽさを抑えていますが、本場のものは脂身を楽しみながら食べるのがツウの食べ方ともいわれています。炉と呼ばれる窯のようなものの中でじっくりゆっくりと加熱された北京ダックは余分な脂身が抜けて、ほどよく美味しい脂分だけが残っていて、最高の食べごろになります。もともとは宮廷料理の一種で、宮中でしか食べられないものでしたが、その手間暇かけた様子から、当時はなかなか庶民には食べられないものだったことは、容易に想像できます。

今は色々な食べ方がありますが、本場北京で人気の食べ方は、席にシェフや料理人が来てその場で北京ダックをそぎ切りにしてくれることです。まるまると太ったダックと、照り照りになった皮をそぎ切りしてもらうだけで、唾液が出てしまうくらいです。なかなか素人には上手に皮をそぎ切りにできませんので、家庭では難しいやり方だからこそ、お店で食べる価値があるといって良いでしょう。皮と身それぞれに分けられて皿に盛られますが、本場の中華料理の北京ダックの食べ方は、小麦粉で作られた薄い皮に、ネギとキュウリと皮、身を包んで、さらに調味料(大抵は甜麺醤が多い)を少し付けて、くるくると巻いて食べます。北京ダックそのものにはほとんど味が付いていないのですが、じっくりと焼かれていることから、調味料は少なくても噛むほどに味わいが出てきます。日本ではその食べ方と、北京ダックの身を使った一品料理やスープに使われることが多く、色々な食べ方で北京ダックを思う存分楽しもうとする傾向にあります。本場の北京ダックよりも脂分が少ないので、色々な料理に楽しめる上、ヘルシーなので女性にも人気があります。

多彩なバリエーションを持つ中華料理の魅力は尽きません。特に日本で独自に発展した料理に興味があります。有名なところだと焼き餃子があります。本場だと水餃子や蒸し餃子が主流なので、焼き餃子が当たり前の日本人にはちょっと意外だと思います。日本の中華料理屋さんだったら焼き餃子をウリにしているお店もありますね。